健康と食品について|アトピーが悪化してしまう原因はPMSかも|原因を知って問題解決

アトピーが悪化してしまう原因はPMSかも|原因を知って問題解決

男性

健康と食品について

老人

油の質が健康の決め手です

脂質は、糖質に次いで人間のエネルギー源として役立っている物質です。人間の体内の脂質は、主に普段摂取している食品から影響を受けています。従って、どのようなオイルを食事の中で摂っているかによって、体内の脂質のバランスが少なからず変わってくると考えられるのです。人間が体内で合成できない脂質には、オメガ3とオメガ6等があります。こういった脂質をバランス良く摂取することが、健康の鍵です。オメガ3に対してオメガ6の比率が余りにも大きいと、時に健康に害を及ぼす可能性が出てきます。オメガ3が炎症を抑える働きを持つのに対しオメガ6は時に炎症を誘発することがあるため、摂りすぎると様々な炎症性疾患にかかりやすくなるわけです。今後は、こういった脂質の作用に気を配りながらオイルを使用するケースが増えていくと考えられます。

バランスを考えます

オメガ3は、青魚や亜麻仁油などに多く含まれている脂質です。それに対してオメガ6は、コーン油やベニバナ油などの一般的な植物油に含まれています。現在の食生活の中では、圧倒的にオメガ6が優勢です。市販の揚げ物や加工食品などには必ずといってよいほど植物油が含まれているため、普通に暮らしているだけでオメガ6はかなりの量を摂取していると考えられます。このような状況の中で、脂質の理想的なバランスを保つ方法として挙げられるのが、食事の摂り方の工夫です。青魚料理を積極的に取り入れたり、サラダドレッシングのオイルを亜麻仁油に変えるなどの工夫をすることで、オメガ3の摂取量は大幅に上がります。また、和え物などにオメガ3配合のオイルを少量をかけることも有効です。